2009年07月17日

ピザ釜造りに挑戦!

piza.JPG

淡路市夏祭りのイベントで、ピザ釜でピザを焼くことが決定。
そこで6月7月の休日返上で、ピザ釜作りをしていました。
耐火煉瓦で造る方法もありますが、ここは漆喰土壁屋が自社の材料を使わない手はありません。
ドーム型の釜の骨組みは、最初は竹小舞でしたが形がいびつでまとまりが悪く、最終的に鉄筋と金網で形を作ることにし、その上に土を塗り重ねていきます。
日程に余裕がないため自然乾燥は難しく、釜の中を薪で燃やしながらの作業です。
強制的に乾燥させたにも関わらず、大きなひび割れもなく、この上に色漆喰をかけ、土台は掻き落としにして完成です。
完成したピザ釜で試し焼きをしてみたところ、焼具合も上々!
7月19日の夏祭りが楽しみです。

夏祭りとピザ釜の詳しいことは、
[ブチョログ]で・・・http://blogs.yahoo.co.jp/impulseawaji/folder/1000499.html



posted by かべっ子 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 左官に挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

道の駅 四万十物産館の洗い出し

simantoarai1.JPG

【現場名】 道の駅 サンリバー四万十物産館
【所在地】 高知県四万十市右山383−15
【元請け】 株式会社福田工務店
【施 工】 船口千代松左官
【使用材料】床部分(約365u) 草香砂利2分
      腰部分(約65u)  大磯3分

simanto2.JPG

床部分の草香砂利2分の洗い出し表面です。

simanto3.JPG

店舗建物の腰部分に大磯砂利3分の洗い出しを施工しています。
この洗い出しに目を留めてくださる方は何人おられるのでしょう?
テカテカした樹脂ものとは違う何気ない素晴らしい仕事に、ぜひ注目していただきたいものです。

simanto4.JPG

腰部分は大磯3分での洗い出しです。

posted by かべっ子 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

たたきの施工

saido1.JPG

近畿壁材の庭の一部に新たに「たたき」を施工しました。
まず飛び石や延べ石を配置し、木枠で形を整えます。
この度の下地は砕石を敷かず、土と消石灰を混ぜたもので叩き締めました。

saido2.JPG

たたきの材料に欠かせない「天然にがり」です。
均一に混ざるよう4〜5分、タライミキサーでよーく攪拌します。

saido3.JPG

見た目は水気を感じないけれども、手でぎゅっと握れば締まる程度の「パサモル」状態が良いです。

saido4.JPG

できるだけ平らになるよう叩き締めていきます。細かい部分はたたき用の鏝で行います。
この段階で材料に水分が多いと締まっていかないので、水加減には注意が必要です。

saido5.JPG

木枠をはずし、丸鏝で角を丁寧に面取りします。

saido6.JPG

たたきの断面が二層になっています。
下の一段面は土と消石灰を混ぜたもの、二層目の白っぽいのが今回のたたきの材料です。
角を丸鏝で面取りすることで角部分の欠けが軽減されます。

saido7.JPG

少し白華したたたきの表面と飛び石等に付着した汚れを、希釈したお酢で拭き取り完成です。







posted by かべっ子 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 左官に挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

今治市 いけす料理と海宿「千年松」

sennenmatsu1.JPG

sennenmatsu2.JPG

しまなみ海道の大島にあるいけす料理と海宿「千年松」様がこのたび内装リニューアルされました。
各お部屋を春夏秋冬で表現しています。この写真は淡路なんばピンクを基調とした「春」のお部屋。
明るくやさしい色調で眺めていると心が和みます。

sennenmatsu3.JPG

sennenmatsu4.JPG

淡路なんばブルーを基調とし、同系色でまとめられた落ち着きのある「夏」のお部屋。

sennenmatsu5.JPG

sennenmatsu6.JPG

淡路なんばベージュを基調とした「秋」のお部屋。
遠くから眺めても近くで目を凝らしてみても、細かい描写で見飽きることがありません。

sennenmatsu7.JPG

sennenmatsu8.JPG

淡路なんばホワイトを基調とした「冬」のお部屋。
立体的な彫刻で「冬の寒さに耐える木」を表現しています。

sennenmatsu9.JPG

各お部屋の洗面所には「やすらぎ小ひび仕上げ」が塗布されています。
均一に小ひびを入れるのは難しいですが、腕のいい職人さんのお陰できれいに仕上がっています。

【施工現場】愛媛県今治市吉海町名駒25番地
      いけす料理と海宿「千年松」                   http://www.sennenmatu.jp/index.htm
      
【施 工】 長井左官・亀田工業

【使用材料】土漆喰「淡路なんば」全色・本土壁「やすらぎ」特注品

posted by かべっ子 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

岐阜県高山市内の街並み

takayama-ootu1.JPG

takayama-ootu2.JPG

takayama-ootu3.JPG

高山市内の街並みです。郡上八幡から移動してくる途中の山間部の住宅でも、
漆喰や大津をあたり前のように施工していたのが印象的です。


takayama-kuro1.JPG

takayama-kuro2.JPG

takayama-kuro3.JPG

造り酒屋の黒漆喰です。
施工してから年月が過ぎているのか黒漆喰の色が浅くなっていますが、雰囲気はそのままで重厚感漂う佇まいです。

posted by かべっ子 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

郡上八幡の街並み

gujyou-hasi.JPG

宮瀬橋から見る吉田川です。
清流長良川の最も大きな支流でもあり、夏には子供達が橋の上から飛び込みにチャレンジする遊び場でもあります。

gujyou-ame.JPG

郡上八幡博覧館前にいた人力車に、私「壁っ子」と「子壁っ子」そして「大壁っ子」の3人が乗り込み、街並みを案内してもらいました。
意外と乗り心地がよく、ゆっくりのんびりと散策を楽しむことができました。
肉桂の飴で有名な飴屋さん。赤い壁は大津かな?

郡上八幡観光人力車 進風舎 田口さん 
http://www.gujo-tv.ne.jp/~sinpu-sha/

syasou1.JPG

syasou2.JPG

syasou3.JPG

車窓に映る建物は地方ならではで、手入れのされた現役の蔵が多く、住宅には当たり前のように漆喰や大津壁が施されていました。
例年この時期は積雪は1メートル程度はあるのに、今年は異常でほとんど雪が残っていませんでした。

posted by かべっ子 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

郡上八幡城

gujyou-siroyoko.JPG

gujyou-siroyoko2.JPG

岐阜県郡上市にある「郡上八幡城」へ社内研修旅行に行ってきました。
数年前の大河ドラマの主人公「山内一豊」の妻となる千代が、初代八幡城主遠藤盛数の
娘でもあった郡上八幡城です。

gujyou-sirotate.JPG

gujyou-siro.JPG

昭和8年に4層5階建木造建築(木造建築再建城としては日本最古)で再建され、昭和62年6月城郭の大改修の際に「城かべ」「城かべ中塗用」「高級城かべ」等を使用し施工されております。

gujyou-sironaka.JPG

当時の古い書類(もちろん全て手書き)を見ていると、当時の腕利きの左官職人達が
相当手をかけて仕上げたことが、伝わってきます。
内部4階の壁は「高級城かべ」の見事な磨き仕上げとなっております。
施工してから約22年を過ぎても、美しい漆喰かべで観光客を迎えている郡上八幡城。
八幡町重要文化財にも指定されております。

(財)郡上八幡産業振興公社ホームページ
http://www.gujohachiman.com


posted by かべっ子 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

左官講習会in浜田 2日目

hamada5.JPG

漆喰蛇腹のデザインをし、デザインとおりに型を作ります。

hamada6.JPG

蛇腹作りをする講師の植田俊彦氏。みるみる出来る蛇腹の型に歓声があがります。

hamada7.JPG

淡紅土と珪砂、ひだしすさで切り返し塗りの材料を作り、実際に塗ってみます。

hamada8.JPG

城かべ漆喰で蛇腹の下塗りを行った後、少し固練りした城かべで上塗りの蛇腹引きを行います。

hamada9.JPG

その他に「ドカ付け漆喰」や「糊土」の作り方、城かべ漆喰でのパターン工法など
充実した講習内容となりました。
今回の講習で得た知識や技術を、実際の仕事に生かせてこそ意味があります。
更に修練を重ね、工務店や施主様に自信を持って提案できるようになればいいですね。

posted by かべっ子 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 実技講習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

左官講習会in浜田 1日目

hamada1.JPG

☆左官講習会in浜田1日目☆
【講習内容】  土中塗の材料作り・ちりまわり塗り
【日  時】  平成21年2月21日〜22日
【主  催】  島根県左官組合
【講  師】  総合建築植田 植田俊彦氏

hamada2.JPG

のれん打ちを施したところ。ちょっとしたポイントを講師の植田氏にアドバイスをもらいます。

hamada3.JPG

慎重に丁寧にトンボを打ち付けます。

hamada4.JPG

ちりまわり塗りの材料を作り、のれんをかぶせながら丁寧にちりまわり塗りを行います。





posted by かべっ子 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 実技講習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

城かべ漆喰カタログリニューアル!

katarogu.JPG

このたび「城かべ漆喰カタログ」をリニューアルしました。
今回より形状がブック形式となり、中身の「施工工程例」をより最適な方法で
ご紹介させていただき、また商品ラインナップも更に充実したものに更新させて
いただいております。
ご入用の方は弊社ホームページ資料請求フォームよりご請求ください。


posted by かべっ子 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。