2007年05月10日

彦根の蕎麦屋。

soba2.JPG

滋賀県彦根城前のお蕎麦屋さんで、城かべ漆喰で上塗りをした趣のある店構えです。
ところでいただいたお蕎麦のお味は?もちろん絶品でした!

soba3.JPG

お店の入り口にインテリア用として「かまど」が設置されています。
工期がなくて、砂漆喰のみで仕上げています。
これはこれで素朴な感じでいいですが、このかまどにしっとり光る漆喰みがきをかけた姿を
是非見てみたいです。




posted by かべっ子 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

鏝絵で絵地図を作ったよ。

bajiP.JPG

島根県大田市仁摩町馬路地区に、鏝絵でつくった絵地図が完成しました。
この地方では多くの左官職人を輩出していることもあり、町おこしグループからの依頼を受けた左官職人さん達が中心となって、縦2メートル横3メートルの板に、漆喰で見事な鏝絵を描きました。

baji2.JPG

地区の家屋一軒一軒や、鳴り砂で有名な「琴ケ浜」などが忠実に描かれています。


baji3.JPG

地元の保育所の園児たちが、左官さんの指導のもと、つくった花や動物などの鏝絵を絵地図に張り付けて、完成しました。
かわいらしい園児たちの作品も加わり、見ているだけでほのぼのとしたやさしい気持ちになりますね。


posted by かべっ子 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

チベット仏教寺院 強巴林

chanbarin3.JPG

名古屋市守山区「チベット仏教寺院 強巴林」。
元花咲か団の渇ェ田建工代表、岡田明寛さん施工で
城かべに顔料で色を付けた色漆喰で仕上げています。


chanbarin2.JPG

黄色で色付けされた色漆喰に、色彩鮮やかな絵画がとてもよく映え、日本の寺院にはない華やかさがあります。
posted by かべっ子 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

福知山城公園整備事業曲輪復元工事

fukutiyama1.JPG

京都府「福知山城」の塀に古代漆喰と城かべが使用されました。
城かべ油を混入した油漆喰で仕上げています。

fukutiyama2.JPG

油漆喰にすることで、急激な乾燥を緩和させる、防汚、撥水効果がある、特に酸性雨による漆喰表面の中和を避ける効果があります。

fukutiyama3.JPG

外壁に漆喰を使用する場合は鏝でしっかりと押さえ、表面強度を高めることに加え、「城かべ油」を混入したり、漆喰塗布後、漆喰用の撥水材「プロテクターG」を塗布するといいですね。
posted by かべっ子 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

龍駒山松隣寺本堂

syourinnji3.JPG

兵庫県篠山市にある「龍駒山松隣寺」本堂と庫裏を造営されました。
使用材料は砂漆喰「城かべ中塗り用」と上塗りの「城かべ」。
雪深い山間部での施工実績も多い理由のひとつに、職人による丁寧な下地の施工があってのこと。
しっかり砂漆喰まで施工することで、上塗りの仕上がりが違ってきます。
posted by かべっ子 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

辰馬本家酒造株式会社旧本社移設工事

tatuma.1.JPG

「旨い酒しか白鹿」でお馴染みの西宮の辰馬本家酒造株式会社様が、
この度旧本社を現本社に移設されました。
城かべ漆喰塗りで仕上げています。


tatuma.2.JPG

通路は千鳥砂利2分で洗い出し。樹脂でコーティングしていないので
仕上がりが自然です。


tatuma.3.JPG

真砂ン土間仕上げの通路。
コンクリートの犬走りと比べ、色や風合いが格段に違います。


posted by かべっ子 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

「時代祭り」を鏝絵で表現!!

kyouto1.JPG


kyouto2.JPG


kyouto3.JPG

11月11日と12日パルスプラザ(京都府総合見本市会場)にて
「kyoto能力開発フェア2006京の技能の大博覧会」が開催されました。
お菓子職人、豆腐作り、瓦葺きから左官の鏝絵まで京都のあらゆる職人達の
作品が展示されていました。

京都の左官組合からは大きな平ボードの大壁に「高級城かべ」に顔料を混ぜ、
着色した漆喰材料で時代祭りの鏝絵を華やかに披露されました。
左官の技術が一般の方々にもかなり注目された素晴らしいイベントでした。
posted by かべっ子 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

「ピザ釜付きへっついさん」

hettui.JPG

三重県鈴鹿市の左官職人「松木左官」さん作の「ピザ釜付きへっついさん」。
しっとりと見事なこの輝き・・・。まーるい形がなんともいえない。
見ているだけでわくわくしちゃう。
日本特有のへっついさんですが、現在日本で何人の職人さんが作れるのでしょう?
50年後このようにへっついさんを作る職人さんは存在しているでしょうか?
このような素晴らしい左官技術が伝承され続けますように・・・。
posted by かべっ子 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

萩博物館

hagihaku1.JPG 
  山口県萩市内にある萩博物館です。
隅矢倉に古代漆喰が使われています。
 



hagihaku2.JPG  
萩博物館の門長屋です。




hagihaku3.JPG  
復元された萩博物館の隅矢倉。




posted by かべっ子 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

京都の土塀

dobei1.JPG

dobei2.JPG

京都市内の民家の土塀です。
淡路中塗土の糊土で仕上げています。
近年、外壁や塀は樹脂入りのものが主流となっていますが、
ここまで潔く土で仕上げているところに、京都の職人と施主の
心意気が感じられます。



posted by かべっ子 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

淡路ワールドパーク

onokoro2.JPG

大観覧車やミニチュアワールドが人気の遊園地です。
楽しい乗り物もたくさんあって、お子様連れのファミリーにぴったりのお出かけスポットです。
キャンピング施設がそろったキャンプ村「淡路ワールドビレッジ」も隣接しているよ。



onokoro1.JPG

「童話の森」の通路に「真砂コン土間仕上げ」を使用しています。
照り返しも少なく透水性もあるので、雨上がりに風が吹けば、打ち水した後のように、ひんやり。
思いっきり遊んだ後は、童話の森をのーんびりお散歩するのも、いいですよ。
posted by かべっ子 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。