2008年03月31日

漆喰土押さえ

ide1.JPG

ide2.JPG

ide3.JPG

車での移動中って、ラジオを聴いたり、移り行く季節を感じたり、様々な楽しみがありますよね。
昨年末頃から、県道添いのある建物が気になっていました。
「在来工法で、木舞かきしてる」 「あ、荒壁つけた」 「あ、中塗つけた」
最近ありがちなのは土壁つけたと思っても、その上から新建材をはってしまうことが多く、
残念に思っていましたが、この物件は腰板はって、その上は漆喰で仕上げていきます。
漆喰で土押さえをした後、更に砂漆喰、上塗りへと進みます。
(一番上の写真は漆喰の土押さえ。次に塗る砂漆喰の食いつきがよい様に櫛目をいれています)
職人さんが蛇腹をひいていたので、現場にお邪魔させていただきました。
現場にドドーンと置かれた漆喰「城かべ」。
近くを通る度どこまで進んだかな?と益々楽しみになりました。
posted by かべっ子 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91737195

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。