2008年03月15日

鏝絵の作品展

kotee1.JPG

kotee3.JPG

kotee2.JPG

3月初旬、鳥取市内の中国電力ふれあいホールにおいて、鳥取県左官組合の熟練した左官職人による「鏝絵の漆喰彫刻」の作品展が開催されました。
本来なら屋根に程近い壁面に存在する「家紋」。戸袋を飾る「漆喰彫刻」。絵画としての「漆喰彫刻」。職人の持てる技術を全て表現されたこれらの作品をまじまじと眺める機会は滅多にないことです。
漆喰と顔料、工夫を凝らした鏝でこつこつと作られた漆喰彫刻には、職人と家人の思いが凝縮されているように思えます。
posted by かべっ子 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89663224

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。