2007年07月23日

真砂コン土間の経年変化

masakei1.JPG

弊社事務所横の通路の真砂コン土間です。
約7年経過しており、表面が自然に風化し適度に骨材が浮き出ているので、靴底にフィットしてとても歩きやすくなっています。緑の向こうは真砂土を敷きつめた地面です。

masakei2.JPG

特に雨の日や雨上がり、土の上を歩いた後コンクリート面に靴底の土が付くのと、少し傾斜になっているせいか、上から土が流れてくるのが長年とても気になっていました。
土の地面とコンクリートとの間を真砂コン土間にしたことにより、一気に不快な気持ちが払拭されました。土色が周囲と馴染む真砂コン土間。コンクリートとの色の違いも一目瞭然ですね。
これで約3年経っています。

masakei3.JPG

手作りの小屋の入り口も真砂コン土間にしてみました。
富士山の形をした石があったので、ポイントに使ってみました。
結構気に入っています。ここで約5年くらい経っています。
posted by かべっ子 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 経年変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。