2006年08月19日

しゅろ皮様!

syurokawa.JPG

昔から壁のひび割れ防止に「しゅろ皮」が使われてきました。
「しゅろ皮」とはしゅろ科植物の樹皮のことで壁と壁の間に伏せこんで、
下地からの割れを防ぎます。(しゅろ布ともいいます)


syuokawa2.JPG

実際に触ってみてびっくり!!
一般的に出回っているファイバーネットは均一な網目の大きさと厚さなのに対し、
しゅろ皮は天然ものなので一枚一枚大きさや厚さも違います。
ファイバーネットに比べ細い繊維3層からなり網目もランダムです。
壁の間で立体的に複雑な構造で張りめぐらされるので、より強靭な布伏せ材料
となるのですね。

(しゅろ皮の使い方)
@水につけて繊維をやわらかくします。
A根元の硬いところはカットします。
B繊維を広げ使用箇所に貼り付け、鏝で押さえ密着させます。
posted by かべっ子 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22547768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。