2006年06月27日

城かべ漆喰を塗ってみよう!

bo-do1.JPG

まず初めに、平ボードに「ボードベース」(石膏系下地調整材)を塗ります。
骨材のざらざら感が鏝を通して手に心地よく、気持ちいい。
骨材が小さいからか、結構薄塗りできたみたい。




bo-do2.JPG

先ほどの「ボードベース」が乾燥したら、さあ、城かべ漆喰を塗ってみよう!




bo-do3.JPG

塗りやすいように水加減をし、よーく混ぜ混ぜ。
材料をポトンと落とし、いざ本番!!
塗る前はわりとスサが目立ってたのに、塗るとそんなにスサの多さは気にならない。
かえってスサが鏝の動きに添ってくれるので、塗りやすいのかな?
おまけにこのスサが、ひび割れ防止の効果もあると思えば、頼もしく感じてしまう。
「ボードベース」さすが下地調整材だけあって、下地に水分を引き過ぎないので漆喰が塗りやすかった。




bo-do4.JPG

乾燥させて、ハイ完成!
うーん。我ながらに上出来!?
お疲れさまでした〜。




posted by かべっ子 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 左官に挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。