2009年09月19日

漆喰磨きデコミラー

mirar1.JPG

mirar2.JPG

デコミラーを漆喰磨きで作ってみました。
ミラー表のプラスチック板にボードベースを塗り、乾燥後、古代漆喰上塗用を擦って、
追っかけ塗りでのろがけしました。
のろは古代漆喰上塗用のすさを通しで取り除き、無機顔料で着色しています。
乾燥するとかなり薄くなることを想定していましたが、思った以上に薄くなったのと、
この小さなスペースでも図ったように色むらが・・・。
湿式仕事の奥深さを痛感させられます。
古代漆喰で鏝を何度も通すだけでかなり光沢が出ましたが、欲張りな壁っ子、
もっとピカピカにしたくて城かべ雲母で最終段階の磨きに挑戦!
少し水を持ってるかな?ちょっとひやっとしてるな、早いかな?と思ったのに先を急ぎすぎました。
青空にぼや〜っと浮かんだ雲の如く、雲母が沈んで部分的に白くなってしまいました。
少しでもカバーしようとラインストーンで飾り、漆喰磨きデコミラーと相成りました!
メデタシ・メデタシ(笑)
posted by かべっ子 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 左官に挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。