2009年05月26日

たたきの施工

saido1.JPG

近畿壁材の庭の一部に新たに「たたき」を施工しました。
まず飛び石や延べ石を配置し、木枠で形を整えます。
この度の下地は砕石を敷かず、土と消石灰を混ぜたもので叩き締めました。

saido2.JPG

たたきの材料に欠かせない「天然にがり」です。
均一に混ざるよう4〜5分、タライミキサーでよーく攪拌します。

saido3.JPG

見た目は水気を感じないけれども、手でぎゅっと握れば締まる程度の「パサモル」状態が良いです。

saido4.JPG

できるだけ平らになるよう叩き締めていきます。細かい部分はたたき用の鏝で行います。
この段階で材料に水分が多いと締まっていかないので、水加減には注意が必要です。

saido5.JPG

木枠をはずし、丸鏝で角を丁寧に面取りします。

saido6.JPG

たたきの断面が二層になっています。
下の一段面は土と消石灰を混ぜたもの、二層目の白っぽいのが今回のたたきの材料です。
角を丸鏝で面取りすることで角部分の欠けが軽減されます。

saido7.JPG

少し白華したたたきの表面と飛び石等に付着した汚れを、希釈したお酢で拭き取り完成です。







posted by かべっ子 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 左官に挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

今治市 いけす料理と海宿「千年松」

sennenmatsu1.JPG

sennenmatsu2.JPG

しまなみ海道の大島にあるいけす料理と海宿「千年松」様がこのたび内装リニューアルされました。
各お部屋を春夏秋冬で表現しています。この写真は淡路なんばピンクを基調とした「春」のお部屋。
明るくやさしい色調で眺めていると心が和みます。

sennenmatsu3.JPG

sennenmatsu4.JPG

淡路なんばブルーを基調とし、同系色でまとめられた落ち着きのある「夏」のお部屋。

sennenmatsu5.JPG

sennenmatsu6.JPG

淡路なんばベージュを基調とした「秋」のお部屋。
遠くから眺めても近くで目を凝らしてみても、細かい描写で見飽きることがありません。

sennenmatsu7.JPG

sennenmatsu8.JPG

淡路なんばホワイトを基調とした「冬」のお部屋。
立体的な彫刻で「冬の寒さに耐える木」を表現しています。

sennenmatsu9.JPG

各お部屋の洗面所には「やすらぎ小ひび仕上げ」が塗布されています。
均一に小ひびを入れるのは難しいですが、腕のいい職人さんのお陰できれいに仕上がっています。

【施工現場】愛媛県今治市吉海町名駒25番地
      いけす料理と海宿「千年松」                   http://www.sennenmatu.jp/index.htm
      
【施 工】 長井左官・亀田工業

【使用材料】土漆喰「淡路なんば」全色・本土壁「やすらぎ」特注品

posted by かべっ子 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。