2007年08月18日

漆喰の薔薇をクローズアップ!

bara2.JPG

弊社応接室天井の薔薇の漆喰彫刻をクローズアップしてみました。
作者は久住有生左官。当時23歳頃の作品です。
城かべ漆喰に城かべ角又を混入して、しっかり糊を利かしています。
そのせいか、いまだに薔薇の花が生き生きと艶やかに見えます。

bara1.JPG

少し角度を変えてみると、より立体的に見えます。
「壁面の最上部なので正面から見るより、下からみても薔薇の花や葉が見えるように」と
付ける位置や角度にとても気を使っていました。

bara3.JPG

この部屋は長方形なので、楕円の蛇腹とこの出隅の蛇腹の治め方をどうするかが難しかったそうです。重厚すぎず、すっきりとバランスのいい蛇腹と彫刻で仕上げるために、蛇腹一本一本のデザイン、太さ、間隔のバランスを悶々と考えていた姿が印象的でした。

posted by かべっ子 at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

お土産物屋の[KAGURA]

kagura2.JPG

kagura1.JPG

島根県大田市温泉津温泉街入り口にある、お土産物屋「KAGURA]。
城かべ中塗用で城かべネットを挟み込み、古代漆喰外装用で仕上げています。
テラスのある開放的な店舗で、石州瓦と漆喰を使った石見地区らしい建物です。

posted by かべっ子 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

静岡の松本左官さんご自宅

matumotosakan1.JPG

静岡県御前崎市の松本左官さんのご自宅の天井。
城かべと高級城かべをミックスすることにより、パターンがし易くなります。
木鏝ヘッドカット仕上げ。下地は「ボードベース」。

matumotosakan2.JPG

土漆喰「淡路なんばベージュ」の壁曲面。櫛引きヘッドカット仕上げ。
下塗りが平らに塗れていないと、このようにきれいな櫛引きのラインがひけません。

matumotosakan3.JPG

親子3人で仲良く壁塗り体験。
パパに教えてもらいながら、一生懸命壁塗りをする子供達。
3人の楽しそうな声が聞こえてきそうですね。

matumotosakan4.JPG

完成しました!
漆喰の白さが際立つ清潔感のあるリビングです。天井も壁曲面も漆喰で仕上げています。
漆喰仕上げには間接照明がよく映ります。
このおしゃれで洗練された空間は、クロスでは味わえませんよね。
posted by かべっ子 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。